共通彫塑研究室について

彫刻を専門とする学生のみならず、全学科はもとより、他大学からの受講生も対象に開講されている共通彫塑研究室による「彫刻」では、作家養成型授業ではなく、多方面への展開と深化が可能な本学独自のリベラルアーツ型の彫刻授業の構築を目指している。
自己を取り巻く世界をどう認識するか。現実と自己の関係づけを行うための行為を「制作」ととらえ、シンプルな課題による制作を通して、学生一人ひとりが立体造形の核を実感してほしいと願っている。

昭和37年

昭和37年(1962年)に設置された本学造形学部は、当初「美術学科」と「産業デザイン学科」の2学科で構成され、各学科に、日本画・油絵・彫刻の3専攻と、商業デザイン・工芸工業デザイン・芸能デザインの3専攻、計6専攻が置かれました。
学部設置時より、全6専攻の開設科目には、彫刻専攻研究室開設の「彫塑」科目が必修科目として置かれ、昭和39年には、共通基礎として学科専攻横断的カリキュラムに位置づけられました。彫刻専攻研究室に所属する教員は、彫刻専攻学生の実技科目を担当すると同時に、これら「彫塑」科目全てを、分担制やローテーション制により担当しました。


昭和48年

昭和48年(1973年)、彫刻専攻研究室において協議を行い、同研究室が開設・担当する授業科目のうち、 彫刻専攻以外の学生を対象とする「彫塑」科目(及び、実技専修科、短大美術科・短大デザイン科の「彫塑」科目)の一部分離担当が開始されます。
その後も、二つに分かれた研究室は相互に、2つの彫刻領域研究室が開設する授業科目を担当し、緩やかな交流を断続的に行いましたが、紆余曲折を経て、共通彫塑研究室は、美術系デザイン系諸学科における必修専門実技科目(学科別専門I類科目)「彫塑」を担当し、主に実材を使用した独自の立体造形教育を行うことになりました。


平成9年

平成9年(1997年)には、本学をとりまく新たな社会状況の中、大学の「彫刻教育の新教育研究体制の実施について」の検討要請により、共通彫塑研究室と彫刻学科研究室は分離後初めての協議を持ちました。結果、ほぼ4半世紀ぶりに彫刻領域を専門とする2つの研究室の授業相互担当が再開されました。同時に、石彫場(石彫工房)の全面改修を共通彫塑研究室のもとで行い現在に至っています。


平成11年

平成11年(1999年)には、所属学科を問わず自由に選択できる実技科目(「共通彫塑造形実習」)を本学で最初に開設しました。同時に、石彫場を、彫刻学科の学部・大学院生に加え、全11学科・大学院全専攻学生の共通工房として開放しました。平成13年(2001年)以降は、「共通彫塑造形実習」を、早稲田大学との単位互換授業の実技科目として、本学で初めて他大学に向けても開きました。


平成15年

現在、平成15年(2003年)の全学的カリキュラム改革にともない、造形総合科目Ⅰ類「彫刻Ⅰ(彫刻学科を除く10学科専攻学生の必修実技科目)の大半と、全11学科対象の造形総合科目Ⅱ類「彫刻」(自由選択)を担当するとともに、彫刻学科研究室開設の学科別専門Ⅰ類科目「彫刻」の一部を担当しています。また、平成25(2013)年度からは、造形総合科目Ⅰ類「彫刻Ⅱ」(選択必修)を開設しています。