活動記録

小川町土地区画整理記念公園 記念碑

記念碑の彫刻
<使用素材と技法>
ブロンズ(石膏原型によるガス型鋳造法、表面処理:着色)
表面処理:着色)
白御影石(原石:中国産、表面処理:ジェットバーナー仕上げ)
サイズ:109h×244w×91d cm

記念碑の板碑 記念碑建立趣意書と地権者名簿 銘板2枚を石板に象嵌
<使用素材と技法>
銘板2枚:ブロンズ(木材原型によるガス型鋳造法、表面処理:着色)
黒御影石(原石:インド産、表面処理:切削加工♯600ツヤ下研磨仕上げ)
サイズ:190h×104w×25d cm

<制作意図>
記念碑彫刻の上部は、当地が開拓された江戸時代から、青梅街道沿いに広がっていた短冊形地割の美しい農村風景のイメージです。農家、水車小屋、橋や三叉路など、小川町一丁目周辺の景観から題材を採用しました。全体は、大きな土の塊を模した造形とし、当地で数百年間にわたり弛まなく繰り返されてきた、農土改良の歴史を記念しています。
記念碑建立趣意書と地権者名簿は、将来永きにわたり本事業が顕彰されるよう、堅牢な黒御影石を使用しつつも、表面研磨をしっとりとしたつやの段階に留め、落ち着いた雰囲気の仕上がりとなるよう配慮しました。