歴史と沿革
  • 昭和37年(1962年)-
  • 昭和48年(1973年)-
  • 昭和50年(1975年)-
  • 平成元年(1989年)-
  • 平成09年(1997年)-
  • 平成18年(2006年)-

美術学科彫刻専攻研究室(現、共通彫塑研究室 + 彫刻学科研究室)開設科目「彫塑」

昭和37年(1962年)

4月 本学造形学部設置時より、全2学科(美術学科と産業デザイン学科/6専攻)必修専門科目に「彫塑」が置かれる。
美術学科彫刻専攻・清水多嘉示教授・川口信彦講師が担当。

昭和39年(1964年)

4月 学科専攻横断的カリキュラム「彫塑」が、共通基礎科目として位置づけられる。
美術学科彫刻専攻研究室 清水多嘉示教授 / 講師 = 川口信彦・木下繁ほか、彫刻専攻研究室教員により、「彫塑」科目は分担制やローテーション制により担当。

昭和45年(1969年)

4月 保田春彦、美術学科彫刻専攻研究室専任講師に就任(美術学科彫刻専攻実技と兼担)。
保田春彦専任講師/講師 = 川口信彦・木下繁 / 助手 = 島眞一・柴田靖夫
※1 昭和45年以前の「彫塑」担当科目数 担当学生数は、記録散逸のため不明。

昭和46年(1971年)

保田春彦専任講師(美術学科彫刻専攻実技と兼担)/ 講師 = 川口信彦・木下繁・最上壽之 / 助手 = 長澤知明・平野泰彦
学部12科目 短大11科目 短大専攻科1科目 別科実技専修科2科目 計26科目 担当学生数1726名

昭和47年(1972年)

保田春彦、助教授に昇任(75年教授、00年定年退任)。
保田春彦助教授(彫刻専攻実技と兼担)/
講師 = 川口信彦・木下繁・最上壽之 /
助手 = 長澤知明・平野泰彦 / 副手 = 坂下久信
学部11科目 短大7科目 計18科目 担当学生数1162名

美術学科彫刻専攻から彫刻学科へ、彫刻学科研究室の分離

昭和48年(1973年)

彫刻専攻研究室、大学院造形研究科美術専攻彫刻コース(修士課程)開設。
彫刻専攻研究室内において協議を行い、彫刻専攻研究室「共通彫塑準備室」の予算と運用主体を分離。この年の前後から、当時の彫刻専攻授業のメインカリキュラムであった塑造教育とは異なる、主に実材を使用する独自の立体造形教育を開始。
木下繁教授(彫刻専攻実技と兼担)・保田春彦助教授(彫刻専攻実技と兼担)/ 講師 = 川口信彦・最上壽之・三浦重雄 / 助手 =長澤知明・鈴木久雄 / 副手 = 後藤佳代
学部9科目 短大6科目 計15科目 担当学生数1125名

昭和49年(1974年)

4月 彫刻専攻研究室、彫刻学科に改組。※2「彫塑」科目は、各新設学科別専門Ⅰ類科目となる。
保田春彦助教授(彫刻学科実技と兼担)/ 講師 = 最上壽之・三浦重雄・篠田守男 / 助手 = 長澤知明・鈴木久雄 / 教務補助員 = 佐々木原祐子
学部9科目 短大6科目 計15科目 担当学生数1079名

彫刻学科研究室分離から昭和63年(1988年)まで

昭和50年(1975年)

4月
保田春彦、教授に昇任。若林奮、助教授に就任(80年教授、83年退任)。
「彫刻学科共通彫塑準備室」は「共通彫塑研究室」となる。〔主任教授職は昭和62年(1987年)まで不在〕この年の授業は、夏期スクーリング(短期大学)のみ、彫刻学科研究室と2研究室合同で実施。
保田春彦教授・若林奮助教授 / 講師 = 三浦重雄・篠田守男 / 助手 = 鈴木久雄・脇谷徹 / 教務補助員 = 三上安子
学部10科目 短大6科目 計16科目 担当学生数1165名

昭和51年(1976年)

保田春彦教授・若林奮助教授 / 講師 = 三浦重雄・篠田守男 / 助手 = 鈴木久雄・脇谷徹 / 教務補助員 = 三上安子
学部10科目 短大6科目 計16科目 担当学生数1161名

昭和52年(1977年)

保田春彦教授・若林奮助教授 / 講師 = 土谷武・鈴木久雄 / 助手 = 脇谷徹・堀越雄 /
教務補助員 = 東川晃子
学部10科目 短大5科目 計15科目 担当学生数1156名

昭和53年(1978年)

保田春彦教授・若林奮助教授 / 講師 = 土谷武・鈴木久雄 / 助手 = 脇谷徹・堀越雄 /
教務補助員 = 嶋展子
学部10科目 短大6科目 計16科目 担当学生数1161名

昭和54年(1979年)

保田春彦教授・若林奮助教授 / 講師 = 土谷武・鈴木久雄 / 助手 = 脇谷徹・堀越雄 /
教務補助員 = 嶋展子・今村佳代子
学部10科目 短大6科目 計16科目 担当学生数1160名

昭和55年(1980年)

10月、11号館竣工(現11号館A棟)。 1号館北(2007年現在の10号館の位置)にあった第4校舎から現在の位置に研究室を移転。
保田春彦教授・若林奮教授 / 講師 = 土谷武・鈴木久雄・脇谷徹/ 助手 = 堀越雄・小室正光 / 教務補助員 = 柏崎栄子・藤岡仁美
学部10科目 短大6科目 計16科目 担当学生数1160名

昭和56年(1981年)

保田春彦教授・若林奮教授 / 講師 = 土谷武・鈴木久雄・脇谷徹/ 助手 = 堀越雄・小室正光 / 教務補助員 = 藤岡仁美・山崎道
学部10科目 短大5科目 計15科目 担当学生数1161名

昭和57年(1982年)

保田春彦教授・若林奮教授 / 講師 = 土谷武・鈴木久雄・脇谷徹 /
助手 = 小室正光・山崎隆 / 教務補助員 = 山崎道・大野篤子
学部9科目 短大5科目 計14科目 担当学生数1016名

昭和58年(1983年)

保田春彦教授・若林奮教授 / 講師 = 土谷武・鈴木久雄・脇谷徹 /
助手 = 小室正光・山崎隆 / 教務補助員 = 石井正美・若林千裕
若林奮、教授を退任。
学部9科目 短大4科目 計13科目 担当学生数1049名

昭和59年(1984年)

4月 鈴木久雄、助教授に就任(89年、教授)。保田春彦教授・鈴木久雄助教授 / 講師 = 建畠覚造・土谷武・脇谷徹 /
助手 = 小室正光・山崎隆 / 教務補助員 =石井正美・若林千裕
学部9科目 短大3科目 計12科目 担当学生数1069名

昭和60年(1985年)

保田春彦教授・鈴木久雄助教授 / 講師 = 建畠覚造・土谷武・脇谷徹 / 助手 =山崎隆・山崎公裕 / 教務補助員 = 鈴木佐知子・前中宏美
学部9科目 短大3科目 計12科目 担当学生数1060名

昭和61年(1986年)

学部9科目 短大3科目 計12科目 担当学生数1025名

昭和62年(1987年)

1月 保田春彦、共通彫塑研究室主任教授に就任。
建畠覚造、客員教授に就任。この年まで彫刻学科助手は、夏期スクーリング業務を分担。
保田春彦主任教授・鈴木久雄助教授・建畠覚造客員教授 / 講師 = 土谷武・脇谷徹・岩岡道雄・山崎隆 /
助手 = 山崎公裕・水上嘉久 / 教務補助員 = 伊藤礼子・中村理恵子
「江戸川区『みちばたの彫刻』制作・設置委託研究」実施。 学部9科目 短大3科目 計12科目 担当学生数1025名             

昭和63年(1988年)

保田春彦主任教授・鈴木久雄助教授・建畠覚造客員教授 / 講師 = 土谷武・脇谷徹・岩岡道雄・山崎隆 / 助手 = 山崎公裕・水上嘉久 /
教務補助員 = 伊藤礼子・中村理恵子
第2期「江戸川区『みちばたの彫刻』制作・設置委託研究」実施。
学部9科目 短大3科目 計12科目 担当学生数1015名

平成元年(1989年)から平成08年(1996年)まで

昭和64年/平成元年(1989年)

保田春彦主任教授・鈴木久雄教授・建畠覚造客員教授 / 講師 = 土谷武・脇谷徹・山崎隆 / 助手 = 山崎公裕・水上嘉久 / 教務補助員 =井上麻里・工藤麻理絵
学部9科目 短大3科目 計12科目 担当学生数1015名

平成02年(1990年)

保田春彦主任教授・鈴木久雄教授 / 講師 = 土谷武・山崎隆・山崎公裕 / 助手 = 水上嘉久・戸田裕介 / 教務補助員 =井上麻里・工藤麻理絵 / 課外講座 : 佐谷和彦(佐谷画廊主)
学部9科目 短大3科目 計12科目 担当学生数1015名

平成03年(1991年)

4月 脇谷徹、助教授に就任(98年、教授)。
保田春彦主任教授・鈴木久雄教授・脇谷徹助教授 / 講師 = 土谷武・山崎隆・山崎公裕 /
助手 = 水上嘉久・戸田裕介 /教務補助員 = 今井美穂・高野美子
学部10科目 短大3科目 計13科目 担当学生数966名

平成04年(1992年)

保田春彦主任教授・鈴木久雄教授・脇谷徹助教授 / 講師 = 土谷武・山崎隆・水上嘉久 /
助手 = 戸田裕介・市毛康英 / 教務補助員 = 今井美穂・高野美子
学部10科目 短大3科目 計13科目 担当学生数997名

平成05年(1993年)

保田春彦主任教授・鈴木久雄教授・脇谷徹助教授 / 講師 = 土谷武・山崎隆・水上嘉久 / 助手 = 戸田裕介・市毛康英 / 教務補助員 = 吉利奈美・横田美樹 市毛康英、助手を退職。
「小平市民文化会館『一階談話ロビーの壁面レリーフ』制作及び設置委託研究」実施。
学部10科目 短大3科目 計13科目 担当学生数1023名

平成06年(1994年)

保田春彦主任教授・鈴木久雄教授・脇谷徹助教授 / 講師 = 土谷武・山崎隆・水上嘉久 / 助手 = 戸田裕介・光井清陽 / 教務補助員 = 吉利奈美・横田美樹
学部9科目 短大3科目 計12科目 担当学生数1015名

平成07年(1995年)

保田春彦主任教授・鈴木久雄教授・脇谷徹助教授 / 講師 = 土谷武・山崎隆・水上嘉久 / 助手 = 光井清陽・大家泰仁 / 教務補助員 = 岡田真紀・弘中美生 / 特別講師 = 土井宏二
学部9科目 短大3科目 計12科目 担当学生数1005名

平成08年(1996年)

保田春彦主任教授・鈴木久雄教授・脇谷徹助教授 / 講師 = 土谷武・山崎隆・水上嘉久・戸田裕介(後期のみ)/ 助手 = 光井清陽・大家泰仁 / 教務補助員 = 岡田真紀・弘中美生 / 特別講師 = 大島美枝子・土井宏二
学部9科目 短大3科目 計12科目 担当学生数998名

学長公示「彫刻教育の新教育体制の実施について」(学長:前田常作)から平成17年(2005年)まで

平成09年(1997年)

本学をとりまく新たな社会状況の中、教務部、共通彫塑研究室・彫刻学科研究室2研究室協議の結果、「彫刻教育の新教育研究体制の実施について」の学長公示に基づき、彫刻領域を専門とする2研究室で一部授業の相互担当を再開。学科別専門Ⅰ類科目「彫塑」のほか、彫刻学科1,2年生の必修科目「彫刻」4科目を担当。
石彫場(石彫関連工房)の管理担当研究室移管を受けると共に全面改修を行う。
保田春彦主任教授・鈴木久雄教授・脇谷徹助教授 / 講師 = 多和圭三・水上嘉久・戸田裕介 / 助手 = 光井清陽・大家泰仁 / 教務補助員 = 竹下麻子・安田寛子 特別講師 : 大島美枝子・鞍掛純一 / 課外講座 : 袴田京太朗(彫刻家)
学部8科目 短大3科目 計11科目 担当学生数903名

平成10年(1998年)

4月 鈴木久雄、主任教授に就任。
鈴木久雄主任教授・保田春彦教授・脇谷徹教授 / 講師 = 大島美枝子・多和圭三・水上嘉久・戸田裕介 / 助手 = 光井清陽・大家泰仁 / 教務補助員 = 竹下麻子・安田寛子 / 特別講師 : 隠岐由起子・鞍掛純一・林秀薇
学部8科目 短大3科目 計11科目 担当学生数925名

平成11年(1999年)

本学で初めて、全学科共通の自由選択集中実技科目として「共通彫塑造形実習」を開設。
石彫場を、彫刻学科の学部・大学院生ほか、全11学科・大学院全専攻学生の共通工房として位置づける。
鈴木久雄主任教授・保田春彦教授・脇谷徹教授 / 講師 = 多和圭三・戸田裕介・光井清陽 /
助手 = 大家泰仁・丹羽陽太郎 / 教務補助員 = 熊谷明美・齋藤佳子 / 特別講師 : 袴田京太朗 /
課外講座:若林雅人(アーチスト)・課外講座:袴田京太朗(彫刻家)。
学部14科目 短大1科目 計15科目 担当学生数940名

平成12年(2000年)

3月 保田春彦教授、定年退任。
4月 戸田裕介、助教授に就任(06年、教授)。
「共通彫塑造形実習」」が実技科目として初めて共通専門科目に位置づけられる。
鈴木久雄主任教授・脇谷徹教授・戸田裕介助教授 / 講師 = 多和圭三・大家泰仁・光井清陽 / 助手 = 丹羽陽太郎・飯島浩二 / 教務補助員 = 熊谷明美・齋藤佳子
学部16科目 担当学生数784名

平成13年(2001年)

本学で初めて他大学との単位互換実技科目として「共通彫塑造形実習」を、早稲田大学に向け開放する。
鈴木久雄主任教授・脇谷徹教授・戸田裕介助教授・袴田京太朗助教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担)/ 講師 = 多和圭三・丸山富之・上野茂都・髙野正晃・大家泰仁 / 助手 = 丹羽陽太郎・飯島浩二 / 教務補助員 = 大島由起子・樋口裕香 / 訪問教授:クリストファー・ドヴォロウォルフスキー(イギリス 彫刻家)
学部16科目 担当学生数800名

平成14年(2002年)

多和圭三、客員教授に就任。
7月、11号館B棟竣工。
鈴木久雄主任教授・脇谷徹教授・戸田裕介助教授・袴田京太朗助教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) / 多和圭三客員教授 / 講師 = 丸山富之・上野茂都・髙野正晃・大家泰人・光井清陽 / 助手 = 丹羽陽太郎・飯島浩二 / 教務補助員 = 大島由起子・樋口裕香 / 課外講座 = 上野茂都(共通彫塑研非常勤講師)
学部17科目 担当学生数839名

平成15年(2003年)

11号館A棟一部改修補修工事。
鈴木久雄主任教授一年間の在外研修(アイルランド)のため不在。全学的なカリキュラム改革にともない、彫刻学科を除く10学科専攻学生の※3造形総合科目Ⅰ類「彫刻Ⅰ」(必修実技科目)の大半と、全11学科対象の造形総合科目Ⅱ類「彫刻」(自由選択)、彫刻学科・学科別専門科目(選択必修)「彫刻F」「彫刻G」の一部を担当。
脇谷徹主任教授代行・戸田裕介助教授・袴田京太朗助教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) / 多和圭三客員教授 / 講師 = 丸山富之・上野茂都・髙野正晃・大家泰仁・光井清陽 / 助手 = 丹羽陽太郎・飯島浩二 / 教務補助員 = 大島由起子・北村吏絵(中途退任)・櫻井かえで(年度途中に就任) / 特別講師 : 真島明子
学部19科目 担当学生数912名

平成16年(2004年)

鈴木久雄主任教授・脇谷徹教授・戸田裕介助教授・袴田京太朗助教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) / 多和圭三客員教授 / 講師 = 丸山富之・上野茂都・髙野正晃・大家泰仁・光井清陽 / 助手 = 飯島浩二・岡田健太郎 / 教務補助員 = 櫻井かえで・小原聖子 / 特別講師 : 嶋田喜昭 / 訪問教授:ディヴィッド・エヴィスン(イギリス 彫刻家・ベルリン芸術大学教授)
学部15科目 担当学生数942名

平成17年(2005年)

鈴木久雄主任教授・脇谷徹教授・戸田裕介助教授・袴田京太朗助教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) /
多和圭三客員教授 / 講師 = 丸山富之・上野茂都・髙野正晃・大家泰仁・
光井清陽・ 飯島浩二(前期のみ)・嶋田喜昭(後期のみ) /
助手 = 岡田健太郎・櫻井かえで / 教務補助員 = 小原聖子・手柴郁代
学部15科目 担当学生数934名

平成18年(2006年)から今日まで

平成18年(2006年)

戸田裕介、教授に昇任。
鈴木久雄主任教授・脇谷徹教授・戸田裕介教授・袴田京太朗助教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) / 多和圭三客員教授 / 講師 = 丸山富之・上野茂都・髙野正晃・大家泰仁・光井清陽・嶋田喜昭 / 助手 = 岡田健太郎・櫻井かえで / 教務補助員 = 手柴郁代・岸本京子・小原聖子(5月まで/休職教務補助員代員として) / 特別講師 = 人見崇子・諸熊仁志 / 課外講座:押井守(映画監督)
学部15科目 担当学生数901名

平成19年(2007年)

4月 11号館C棟(個人研究室棟)竣工。
鈴木久雄主任教授・脇谷徹教授・戸田裕介教授・袴田京太朗教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) /
多和圭三客員教授 / 講師 = 丸山富之・上野茂都・髙野正晃・嶋田喜昭・人見崇子・諸熊仁志 /
助手 = 岡田健太郎・櫻井かえで / 教務補助員 = 岸本京子・武政朋子 /
課外講座:久保田弘成(アーティスト)・課外講座:ディヴィッド・エヴィスン(彫刻家・ベルリン芸術大学教授)。
学部15科目 担当学生数890名

平成20年(2008年)

3月 戸田裕介教授、彫刻学科 伊藤 誠教授とともに、KKH/スウェーデン王立芸術大学と武蔵野美術大学の国際交流ワークショップをストックホルム市で実施。KKH参加教員=ヒンリッヒ・ザックス教授、ハインリッヒ・ミュルナー教授
5月 戸田裕介教授、UdK/ドイツ国立ベルリン芸術大学とASFS/ギリシャ国立アテネ美術学校と武蔵野美術大学の三校合同国際交流ワークショップをベルリン市で実施。UdK参加教員=ディヴィッド・エヴィスン教授、ヨシミ・ハシモト先生 ASFA参加教員=テオドール・パパヤニス教授
鈴木久雄主任教授・脇谷徹教授・戸田裕介教授・袴田京太朗教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) / 多和圭三客員教授 / 講師 = 上野茂都・髙野正晃・嶋田喜昭・人見崇子・諸熊仁志・松本隆 / 助手 = 岡田健太郎・櫻井かえで / 教務補助員 = 武政朋子・箕輪亜希子
訪問教授 = エレーヌ・ラベ・バザンティ(フランス ペルピニャン大学マンド分校講師〈美術史・美術遺産〉)
学部15科目 担当学生数934名

平成21年(2009年)

鈴木久雄主任教授・脇谷徹教授・戸田裕介教授・袴田京太朗教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) /
多和圭三客員教授 / 講師 = 上野茂都・髙野正晃・嶋田喜昭・人見崇子・諸熊仁志・松本隆 /
助手 = 荻原修・櫻井かえで / 教務補助員 =箕輪亜希子・諸貫きよ恵
訪問教授 = ナグジ・パテル(インド 彫刻家)・ロビン・デイヴィッド(インド 彫刻家)
学部15科目 担当学生数918名

平成22年(2010年)

12月 戸田裕介教授、映像学科 篠原規行教授、教養文化研究室 富松保文教授、映像学科 三浦均教授とともに、KKHスウェーデン王立芸術大学との国際交流協定校ワークショップを本学で実施。KKH参加教員 = ヒンリッヒ・ザックス教授、ミリアム・バックストローム教授
鈴木久雄主任教授・脇谷徹教授・戸田裕介教授・袴田京太朗教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) / 上野茂都客員教授 / 講師 = 多和圭三・髙野正晃・人見崇子・諸熊仁志・松本隆・櫻井かえで / 助手 = 荻原修・諸貫きよ恵 / 教務補助員 =鬼丸明子・崎元理恵
学部16科目 担当学生数908名

平成23年(2011年)

4月 上野茂都、客員教授に就任。
鈴木久雄主任教授・脇谷徹教授・戸田裕介教授・袴田京太朗教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) / 上野茂都客員教授 / 講師 = 多和圭三・髙野正晃・人見崇子・諸熊仁志・松本隆・櫻井かえで・箕輪亜希子 / 助手 = 荻原修・諸貫きよ恵 / 教務補助員 =鬼丸明子・鈴木れあ璃
学部16科目 担当学生数896名

平成24年(2012年)

3月 戸田裕介教授、映像学科 篠原規行教授とともに、KKHスウェーデン王立芸術大学と武蔵野美術大学の国際交流協定校ワークショップをストックホルム市で実施。
KKH参加教員 = ヒンリッヒ・ザックス教授、ミリアム・バックストローム教授 鈴木久雄主任教授・脇谷徹教授・戸田裕介教授・袴田京太朗教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) / 上野茂都客員教授 / 講師 = 多和圭三・髙野正晃・人見崇子・諸熊仁志・松本隆・櫻井かえで・箕輪亜希子 / 助手 = 荻原修・諸貫きよ恵 / 教務補助員 =鬼丸明子・福本あゆみ
学部14科目 担当学生数907名

平成25年(2013年)

脇谷徹教授一年間の在外研修(フランス・パリ)のため不在。
鈴木久雄主任教授・戸田裕介教授・袴田京太朗教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) / 講師 = 多和圭三・髙野正晃・人見崇子・諸熊仁志・松本隆・村井一貴・櫻井かえで・山本一弥・箕輪亜希子 / 助手 = 荻原修・諸貫きよ恵 / 教務補助員 =福本あゆみ・小黒アリサ / 訪問教授:ラジェンダラ・ティクー(インド 彫刻家/元ジャンムー・カシミール総合大学 音楽・美術学部 彫刻専攻教授)、パンディヤ・ラジヴァナャン(インド 彫刻家/ラクナウ総合大学 美術工芸学部長 彫刻学科主任教授)
学部14科目 担当学生数868名

平成26年(2014年)

鈴木久雄主任教授・脇谷徹教授・戸田裕介教授・袴田京太朗教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) / 講師 = 多和圭三・髙野正晃・人見崇子・松本隆・村井一貴・櫻井かえで・山本一弥・箕輪亜希子 / 助手 = 諸貫きよ恵・正親優哉 / 教務補助員 = 小黒アリサ・梁井彩 / 訪問教授:ラジャセカラン・ナイール・D(インド 彫刻家)、カール・アンタオ(インド 彫刻家)
学部17科目 担当学生数835名

平成27年(2015年)

現在、彫刻学科を除く全10学科の造形総合科目Ⅰ類(必修)「彫刻Ⅰ」9科目、全学科対象の造形総合科目Ⅰ類(選択必修)「彫刻Ⅱ」2科目、全学科対象の造形総合科目Ⅱ類(自由選択/選択必修)「彫刻」7科目、彫刻学科開設の学科別科目Ⅰ類のうち2年生の選択必修科目「彫刻F(石彫)」「彫刻G(木彫)」2科目を担当。
鈴木久雄主任教授・脇谷徹教授・戸田裕介教授・袴田京太朗教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) / 講師 = 多和圭三・髙野正晃・松本隆・村井一貴・櫻井かえで・山本一弥・箕輪亜希子・諸貫きよ恵 / 助手 = 正親優哉・杉内あやの / 教務補助員 = 梁井彩・間々田佳 / 訪問教授:山田正好(在仏 彫刻家)
学部20科目 担当学生数911名

平成28年(2016年)

現在、彫刻学科を除く全10学科の造形総合科目Ⅰ類(必修)「彫刻Ⅰ」9科目、全11学科対象の造形総合科目Ⅰ類(選択必修)「彫刻Ⅱ」2科目、全11学科対象の造形総合科目Ⅱ類(自由選択/選択必修)「彫刻」8科目、彫刻学科 学科別科目のうち2年生の選択必修科目「彫刻F(石彫)」「彫刻G(木彫)」2科目を担当。
4月 脇谷 徹、主任教授に就任。
脇谷徹主任教授・鈴木久雄教授・戸田裕介教授・袴田京太朗教授(所属:油絵学科・2科目のみ兼担) / 講師 = 多和圭三・髙野正晃・松本隆・村井一貴・櫻井かえで・山本一弥・箕輪亜希子・諸貫きよ恵 / 助手 = 正親優哉・杉内あやの / 教務補助員 = 間々田佳・中澤苑子 / 特別講師:飯島浩二
学部21科目 担当学生数910名

注釈・補足
一、記載の年号(および西暦)は、それぞれ4月から翌年3月までの各年度における出来事などの記録である。
二(※1)、昭和37年(1962年)以前、武蔵野美術学校、帝国美術学校時代にも「彫塑」科目が開設されていたらしい証言が複数あったが、資料不明のため確認出来なかった。従って、昭和37年以前の組織と授業科目については、彫刻学科を参照されたい。また、短期大学(及び、後の短期大学部)に関わる事項に関しては、「武蔵野美術大学短期大学部47年の系譜」に既に記載済のため、ここでは各年度における研究室の状況説明のため最低限触れる必要があると思われる項目のみ記載するにとどめた。
三、各年度におけるスタッフ氏名の記載は、専任教員、客員教授、非常勤講師、助手、教務補助員(昭和48年以前は副手)、以下、特別講師および訪問教授、課外講座担当講師の順とした。各役職ごとの氏名記載順については、年齢または就任順とし、任期制による同時就任者については五十音順で記載した。年度によっては、研究室スタッフに前年と変化が無く、また特記事項も無い年に関しては、前年度と同様とし、割愛した。
四(※2・※3)、各学科が開設する学科別専門Ⅰ類必修科目「彫塑」を共通彫塑研究室が担当した(平成15年まで)。平成15年以降現在は、造形総合科目Ⅰ類「彫刻Ⅰ」(全学科必修実技科目)担当研究室として開設担当(但し、造形総合科目「彫刻Ⅰ」の一部は彫刻学科、共通デザイン研究室が開設担当している。)。
五、各年度における共通彫塑研究室担当授業数と担当学生数を、各年度の末尾に記載した。
以上敬称略

参考資料
武蔵野美術大学教授会議事録、総務課所管・彫刻学科および共通彫塑研究室の助手及び教務補助員発令記録(S32〜S48)、総務課庶務課発行「武蔵野美術大学広報」(S49〜H3)、学校法人武蔵野美術大学「学報」(平成4年〜平成19年)
教務課発行「学生必携」および「開設科目」、「科目履修ガイドブック」(シラバス)
平成9年4月17日付け学長公示「彫刻教育の新教育体制の実施について」、ならびに、平成10年11月16日付け「平成11年度以降の彫塑授業の新体制について」および、同日付け『新規授業「彫塑」(共通彫塑研究室担当、各学科共通・選択)の開設について』
教務課作成・彫刻学科との協議記録
「武蔵野美術大学年報」大学史史料室
共通彫塑研究室保管(カリキュラム表、教員配置・授業計画表、教員・助手・教務補助員採用記録、成績採点原簿、出席簿)
以上。