教員紹介

多和 圭三

1952 愛媛県大三島出身
1978 日本大学芸術学部美術学科彫刻専攻 卒業
1980 日本大学芸術学部芸術研究所 修了
2009 多摩美術大学 彫刻科教授
http://www2.tamabi.ac.jp/cgi-bin/choukoku/news/staff/多和圭三/

主な個展
1981 真木画廊(東京)
1984・’87・’91 ときわ画廊(東京)
1987 田村画廊(東京)
1988 vアトリウム(東京)
1988・’92・’96 ギャラリー現
1991・’92・’94・’95・’96・’97・’99・’03・’06・’08・’10・’13・’15 ヒノギャラリー(東京)
2000 かわさきIBM市民文化ギャラリー
2001 ギャラリーマキ(東京)
2002 ヨコハマポートサイドギャラリー(東京)
2010 「Drawing&Prints」ヒノギャラリー(東京)
2010 「鉄を叩く—多和圭三展」足利市立美術館(栃木)、町田久万美術館(愛媛)、目黒区美術館(東京)
2014 古美術 長野(東京)
2016 ギャラリータケイ(静岡)
主なグループ展
1975・'76・'78 「グループ・バキューム」 真木画廊(東京)
1978・'80-'84 「所沢野外展」 所沢航空記念公園(埼玉)
1982  平行芸術展「不透明性をめぐって」 東京小原流会館(東京)
1993 「〈かたまり彫刻〉とは何か」展 エスパスOHARA(東京)
1994 「21世紀・的・空間」展 セゾン美術館(東京)
1995 「やわらかく重く」展 埼玉県立近代美術館(埼玉)
1995・'96 「Grace & Gravity」展 RIFFE GALLERY(オハイオ州・アメリカ)
1996 「ASIAN ART BIENNALE BANGULADESH 1997」(バングラデシュ)
2000 「喜展〈金重有邦氏〉との二人展」 工房IKUKO(岡山)
2000 「シリーズART in Tokyo No.12 崇高と労働」 板橋区立美術館(東京)
2000 「その日に −5年後、77年後 震災・記憶・芸術」 川崎岡本太郎美術館(神奈川)
2005 「アジアの潜在力 −海と島が育んだ美術展−」 愛知県美術館(愛知)
2007 「プライマリー・フィールド 美術の現在−七つの場との対話」 神奈川県立近代美術館・葉山(神奈川)
2008 「所沢ビエンナーレ・プレ美術展 引込線」 西武鉄道旧所沢車両工場(埼玉)
2012 「鉄と人 鈴木久雄・多和圭三展」彫刻の領域2 中原悌二郎記念 旭川市彫刻美術館ステーションギャラリー(北海道)
2012・'13 「全民大恋鋼」高雄国際鋼彫芸術節(台湾・高雄)
パブリックコレクション
愛知県美術館、足利市立美術館、神奈川県立近代美術館、町田久万美術館、東京国立近代美術館、中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館、文化庁、目黒区美術館、青森県三戸市、瀧野川女子学園創立30周年記念作品、堀内正和氏伊豆多賀別荘設置作品、三田網町マンション設置作品、空外記念館(隆法寺/島根)看板


49.8h × 91.2w × 91d cm
2002年

も・の ―う・つ ―


1215h × 1433w × 1330d cm
2012年