教員紹介

戸田 裕介(教授)

1962 広島県生まれ
武蔵野美術大学大学院造形研究科 美術専攻彫刻コース 修了
Royal College of Art(イギリス), Sculpture School P.E.P 修了
1995-1996 日航財団海外派遣芸術家としてフィレンツェおよびロンドンに滞在
2000 国際交流基金芸術家フェローシップ海外派遣助成受給(ドイツ)
todayusuke.com
武蔵野美術大学 専任教員プロフィール集

主な発表歴
1991・'01・'15 現代日本彫刻展/UBEビエンナーレ(宇部市/山口) 宇部マテリアルズ賞('15)
1992 東京野外現代彫刻展 東京都知事賞
1997 大分アジア彫刻展 大賞
1998 神戸須磨離宮公園現代彫刻展 優秀賞+東京国立近代美術館賞(兵庫)
1999 しまなみ海道彫刻コンクール 大賞(尾道市/広島)
2001・'03・'06・'08・'11・'13・'15 雨引の里と彫刻(桜川市/茨城)
2002 釜山ビエンナーレ(韓国)
2011 科学と芸術の婚姻 - 虚舟(川崎市岡本太郎美術館/神奈川)
2016 生への言祝ぎ - インスタレーション十二の柱+出会いのパフォーマンス -(大分県立美術館/大分)
2017 長崎鼻 花とアートの岬づくりプロジェクト(豊後高田市/大分)
主な個展
1997・'99・'01・'06・'09・'17 プラザ・ギャラリー(調布/東京)
2004・'05 ギャラリーGAN(渋谷/東京)
2013 東京アートミュージアム/TAM(調布/東京)
2014 川越市立美術館 タッチアート・コーナー(埼玉)
パブリックコレクション
小平市小川親水緑道,東久留米市西部地域センター,ルネ汐留ビル(東京)、さきたま緑道彫刻プロムナード(埼玉)、平塚市総合公園,小田原市上府中公園(神奈川)、朝倉文夫記念公園,長崎鼻リゾートキャンプ場(大分)、緑と花と彫刻の博物館(山口)、尾道市千光寺山荘前緑地,中国新聞福山制作センター(広島)など国内ほか、アメリカ,イタリア,インド,韓国,ドイツ,ロシアなど海外6カ国7市。
主なワークショップ・ファシリテーション
2008  スウェーデン王立芸術大学 武蔵野美術大学国際交流協定校プロジェクト(ストックホルム市)
助成:スカンジナビア・ニッポン・ササカワ財団
2008 武蔵野美術大学+ベルリン芸術大学+アテネ美術学校 合同国際ワークショップ(ベルリン芸術大学/ドイツ)
2010 New Heavy in Nogata(大島鐵工株式会社/福岡県)助成:朝日新聞文化財団、福岡文化財団
2012 スウェーデン王立芸術大学 武蔵野美術大学国際交流協定校プロジェクト(ストックホルム市)助成:スカンジナビア・ニッポン・ササカワ財団
2014 川越市立美術館(同美術館創作室/埼玉)
2017 香々地老人憩の家(豊後高田市/大分)
2018 長崎鼻リゾートキャンプ場(豊後高田市/大分)

水土(すいど)の門/
天地を巡るものⅡ-stage2

黒御影石(ラステンバーグ)、
ステンレススティール
380h × 380w × 180d cm
2015年 第26回UBEビエンナーレ出品
(山口県宇部市)
会期後、長崎鼻 花とアートの岬づくり
プロジェクトで 移設改造・設置
(大分県豊後高田市長崎鼻)
2017年
Photograph : 竹内 康訓

Bonfire/Jの幻夢

鉄、FRP(繊維強化プラスチック)、
アメリカ国防総省測量部発行太平洋中心配置世界地図、
鉛、ウレタン塗料

420h × 370w × 230d cm
生への言祝ぎ -
インスタレーション十二の柱+出会いのパフォーマンス -
(大分県立美術館)
2016年
Photograph : 山本 糾