教員・スタッフ

松本隆

MATSUMOTO, Takashi

Instructor, Lecturer

1974

東京都生まれ

2002

武蔵野美術大学造形学部彫刻学科 卒業

日本鋳金家協会会員

アジア鋳造技術史学会会員

屋外彫刻調査保存研究会会員

Solo Exhibitions

主な個展

1993 1994 1996

ギャラリー21+葉ANNEX(東京)

1994

ギャラリーなつか(東京)

1997

INAXガレリア・セラミカ(東京)

1998

ギャラリーアートワークス(静岡)

1999 2002

ギャラリー4GATS(東京)

2011 2013

プラザ・ギャラリー(東京)

2004

青梅クラフト館(東京)

2005

メタルアートミュージアム(千葉)

2007 2011

ギャルリ・プス(東京)

2011 2014

チカエコダ(東京)

Group Exhibitions

主なグループ展

2009 - 2012 2014

「柳瀬荘アートプログラム」東京国立博物館 柳瀬荘(所沢

2015

「N+N展2015 The彫刻―Nichigei彫刻の現在」練馬区立美術館(東京)

2015

「小さな星をさがして」星と森の詩美術館(新潟)

2015

「日本の鋳金 いもののかたち展'15」埼玉県立近代美術館(埼玉)

2015

「第13回アートプログラム青梅/感性を開くー1人ができること」吉川英治記念館(東京)

Awards

主な受賞

2014

アジア鋳造技術史学会研究奨励賞(実験調査研究部門)

Treatises

主な論文

2013

松本隆/松本悠子「ロッビア工房による施釉テラコッタ彫刻の制作技法研究――粘土の性質と焼成を中心に」『武蔵野美術大学研究紀要』43(2012)

2016

松本隆「リアーチェの戦士Aの右足における鋳掛け熔接の再現実験」『アジア鑄造技術史学会研究発表概要集』10

2017

松本隆「古代ギリシアブロンズ像と現代ネパール金銅仏の鋳型の比較─成分分析と工程報告」『アジア鑄造技術史学会研究発表概要集』11

2018

松本隆、「リアーチェのブロンズ」における鋳掛け熔接技法の研究—再現実験とその検証—『FUSUS』 10号

2018

松本隆、レッジョ・カラーブリア国立考古博物館蔵《リアーチェの戦士》の鑄型成形技法――再現実験を通じた検証と考察『アジア鋳造技術史学会研究発表概要集』12

2019

松本隆「現代ネパールの金銅仏鋳造技法」『武蔵野美術大学研究紀要』50(2020)

2019

宮﨑甲、三枝一将、松本隆「平安時代後期・鎌倉時代の多臂金銅仏の構造と鋳造法」『千葉大学教育学部研究紀要』第68巻

2021

松本隆/藤崎悠子(松本悠子)/飯塚義之「ロッビア工房による施釉テラコッタ彫刻の制作技法研究― オリジナル彫刻断片の総合的分析 ―」『武蔵野美術大学研究紀要』51(2020)

2021

松本隆「古代ギリシアにおける大型ブロンズ彫刻の鋳造技法研究―レッジョ・カラーブリア国立考古博物館蔵「リアーチェのブロンズ(戦士像A・B)」の制作工程の再構成―」『多摩美術大学研究紀要』第35号(2020)

水タマシⅤ〜面影から

2015

1h × 3w × 13d cm / 1点

5000個 配置

柳場大

彫刻と金色(河鹿園のための)

2019

 陶、ブロンズ他

サイズ可変